ベトナム進出を成功に導くためのノウハウ集結

ベトナム進出.com

グループで年間200社以上の海外進出をご支援!
\ベトナム進出はアセアン・フォーカスへ/

ベトナム進出セミナー 毎月開催
①これで安心!失敗しない、ベトナム進出
②従来の採用手法で大丈夫?外国人・ベトナム人採用に挑戦
東京
03-5405-2815
大阪
06-6535-8828
ベトナムの魅力とベトナム進出の成功ノウハウをお伝えします!

なぜ今ベトナムが人気なの?

著しい経済成長

先進各国の国内需要は成熟しきっており、新たな消費市場を求めて、近年多くの企業が国外に進出しています。

進出先のターゲットは、中国やASEAN(ベトナム・インドネシア・フィリピン・タイ・マレーシア・シンガポール)と広がっており、特に近年はベトナムが注目を浴びています。

見逃せない消費マーケット

ベトナムの人口は約9,300万人とASEAN主要6ヶ国の中で3番目に多い国です。
平均年齢は31歳と若者が多く、人口は今後も増加し続けることが予測されています。

一方、日本の人口は1億2,671万人(2017年10月時点の推計)で、平均年齢は45歳と高齢者が増加していることが懸念されています。

現在は日本より少ない人口ですが、将来的には日本の人口を超える大きなマーケットになり、今後益々の経済発展が見込まれています。

親日度

ベトナムでは政治や経済的な繋がりを背景に日本ブランドの存在感が日に日に増しています。

多くのベトナム人が日本企業や日本人に対して好意的な印象を抱いており、日本企業や日本人から多くのことを学ぼうと考えています。

その流れは日本国内にも浸透しており、留学生や技能実習生は増加傾向にあります。
2017年6月末時点の在留ベトナム人数は約23万人と2016年末時点に比べて+16.3%(+3万2572人)増加しました。


ベトナム政府は第一外国語の選択に英語と日本語を取り入れるなど、日本語習得熱は増しています。

日本語学校は法務省の基準を満たせば開校できるため、最近は不動産会社や人材派遣会社などの参入も目立ち、日本国内の校数は600校を超え、私立大学並みの校数となりました。

開校される場所は、知名度の高い場所や地方など多様化していますが、就労目的とされる事例も増え、在留資格の審査は厳格化しています。

現在、地方では留学生や技能実習生などの若者を増やして地域の活性化を図り、将来は市内就職などの定着を期待しています。

また、国内企業ではベトナムやフィリピンなどの東南アジア出身の人材を採用する動きが多く見られ、自社の海外進出を担う人材に育成するなど、企業によって目的は様々です。

ベトナム進出 成功の鍵とは?

グローバル化に対応

社会情勢の変化や働き方改革により、雇用形態や働き方が変化しています。

政府は女性の活躍の推進や職場環境の改善、高齢者の活躍の場を増やすなど、様々な改革を進めています。

今後は更にグローバル化が進み、海外に進出する企業や外国人を採用する企業も増えてくることでしょう。

進出前に十分な調査

実際に責任者が現地に足を運び、市場を調査することで現地の不動産業者や会計事務所、法律事務所などを自分の目で確認することができ、現地での可能性が見えてきます。

外国人の採用

日本政府は高度な専門性を有する外国人の受け入れを開始し、外国人が日本で働きやすい環境であるように対策しています。

外国人を初めて採用する企業は、会社の規模や業種、業態に関わらず、不安に思うことです。

外国人を採用する際に重要なのは、受け入れる準備をすることです。

外国人採用が上手くいくコツとは?

  1. 外国人雇用に対しての研修を行うこと
  2. お互いを理解し、共有・共存していくこと
  3. 海外で働く場合も、日本で数年間勤務してもらうこと

外国人を採用した場合は、国内勤務はもちろんのこと、進出国の事前調査や責任者の役割を担ってもらうことも視野に入れましょう。

日本の習慣や文化、企業の特性や理念、価値観を学んだうえで現地で働く場合と現地で新たに採用した場合ではその後の経営や成果に大きな差が生じます。

ベトナム進出の成功の鍵とは、ベトナム人と雇用側の双方が快適に働ける環境を構築し、互いを理解し合うことです。

ベトナム進出後の注意点とは?

ベトナムは安全で政治も安定しています。

外資規制緩和の追い風もあり、以前よりも進出しやすくなっていますが、政策がベトナム全域に行き届いていない場合があり、進出後にあらゆるトラブルに巻き込まれた話を耳にします。

日系企業や外資系企業への課税徴収は厳しく、申告漏れによるペナルティや遅延金などを請求されることが多く、進出した日系企業の悩みの種となっています。

ベトナムは独自の労働法が存在するため、様々な規定の中で現地スタッフをマネジメントしていかなくてはなりません。

大手企業の場合は複数の駐在員により、社内の役割分担が可能ですが、中堅・中小企業の多くは日本からの駐在員が1人という場合も考えられるため、就業規則や駐在員のための海外赴任規程を作成し、トラブル対策を行いましょう。

ベトナムの問題や課題
  • 労働者の賃金上昇
  • 労働者の質
  • マネジメント層の不足
  • 資材・部品・材料の現地調達
  • 通関手続き
  • 品質向上・品質管理
  • 不明慮な法規制

日本とベトナムの双方で安心サポート

ベトナム進出 安心サポート

ベトナムへの進出形態は、現地法人設立、駐在員事務所設立、支店開設、プロジェクト企業設立の4種類があげられます。

現地法人設立・駐在員事務所設立

日系企業がベトナムに進出する際は、現地法人を設立するケースが多いです。

弊社は、お客様の事業内容や今後の対応状況を考慮し、最適な設立エリアをご案内いたします。

レンタルオフィスもご提供しています

工場建設・レンタル工場の選定

弊社は工場の調査を行い、日系工場に限らず、国営や他国の情報も含めて、どこの工場が良いかなどの最新情報をご提供いたします。

ベトナムの工場建設

弊社はキリンエンジニアリングと提携しています

市場調査・視察ツアー

ベトナムに進出する前に市場調査や業界調査の目的で必ず現地に足を運び、自らの目で市場・人材・情報収集をおすすめします。

弊社は、市場調査や業界調査のレポート作成を大手調査機関からもご依頼を受けている関係で様々なノウハウを有していますので、安心してお任せください。

会計制度と税金のルール

最適な進出プランをご提案

ベトナム進出に伴う会計実務、税制度や税金の仕組みなどを進出のノウハウと一緒にご説明いたします。

無料相談

ベトナム進出.comをご覧いただき、ありがとうございます。
お問合せやご相談は、お電話またはメールにてお待ちしております。

東京
03-6809-1447
大阪
06-6535-8828
よくあるご質問
  • ベトナム進出のメリットとデメリットを詳しく教えてください
  • どのように現地法人や駐在員事務所を設立すればよいですか?
  • 工場を紹介して貰えますか?
  • 会計制度と会計実務を教えてください
  • 税金の仕組みを教えてください

営業時間 平日9:00~18:00

東京
03-6809-1447
大阪
06-6535-8828

メールでのお問合せは、
24時間受け付けております。

無料セミナー

中小企業の
ベトナム進出セミナー

日系企業の進出が著しいベトナム!
中小企業には本当に魅力的な国?
とあるメディアの情報では中小企業が進出したい国として、ベトナム国は第1位となっているようです。
その理由とは?

外国人採用セミナー

少子高齢化、生産年齢人口の減少に歯止めがかからない日本。
国内の有効求人倍率が上昇している現在、従来と同じ手法で本当に優秀な人材を採用できるのでしょうか?
従来とは少し異なる視点で新卒を採用することで、優秀な人材を採用することが可能です。

海外進出

中国ビジネス進出

中国の現地法人設立や許認可取得、香港中間法人、中国国内の組織再編など年間200件以上の実績

香港進出サポート

香港法人の年間維持経費も安く抑えることができる!
安心な報酬プランでご支援

飲食店のアメリカ進出

アメリカ進出セミナーを毎月開催!
アメリカの飲食業界に精通したコンサルタントがご支援

毎月開催ガルベラセミナー

経営者が知って得する!
税務・労務・法務・海外進出の情報を毎月お伝えします。