ベトナム進出を成功に導くためのノウハウ集結

ベトナム進出.com

グループで年間200社以上の海外進出をご支援!
\ベトナム進出はアセアン・フォーカスへ/

ベトナム進出セミナー 毎月開催
①これで安心!失敗しない、ベトナム進出
②従来の採用手法で大丈夫?外国人・ベトナム人採用に挑戦
東京
03-5405-2815
大阪
06-6535-8828

工場建設・レンタル工場

工業団地はベトナム各地に点在します。
中でもハノイ・ホーチミン・ダナン・ハイフォンの4つの直轄市は、工場の集積地として有名です。

弊社は工場の調査を行い、日系工場に限らず、国営や他国の情報も含めて、どこの工場が良いかなどの最新情報をご提供いたします。

工場の選び方

日系の工場は、土地単価が国営に比べて1.5~2倍と高い水準ですが、管理棟に日本人が滞在しているなどのメリットがあります。

最近の傾向では、分譲よりは少し割高になりますが、レンタル工場で進出するパターンが多いようです。

工場の進出地域

最も効果的な進出方法は、既に日系企業が進出を果たしている日系以外の工場を探すことです。

以前は大都市でも優遇税率適用地域として認められていましたが、最近はハノイとホーチミン近郊では徐々に認められづらくなりました。

また、政府が都市開発に着手し、北部ではハイフォン、南部ではバリアやブンタウがそれぞれ経済開発地区として優遇されています。

工場の選定
  • ホーチミン
    香港とシンガポールのちょうど通り道にあるため、アクセスに便利です。
  • ハノイ
    自動車や家電などを取り扱う大企業が集中しています。
    そのため、工場も大企業向けのインフラ整備をしているのが特徴です。
  • ダナン
    インドシナ東西回廊の東端に位置し、
    西端のミャンマーからタイ、カンボジアを貫通する大幹線沿いにあるため期待されていますが、バンコク・プノンペン・ホーチミンを結ぶ南部回廊(第二東西回廊)のメリットにはまだ及びません。

    ホーチミンやハノイの工場に比べると、賃貸費や人件費が安く抑えられます。
    日本からの直行便も出ているため、今後は注目を浴びてくることでしょう。

     

ホーチミンとハノイではどちらの工場がおすすめですか?

中小企業であれば、ホーチミンがおすすめです。

ホーチミンの中でも、地盤の固さからホーチミン北部のミーフックやアセンダス、メイプルツリーや東部のロンドゥックなどのレンタル工場が人気です。 

同じ地域でも地盤が良い場所とそうでない場所と分かれているため、重工業は地盤の良い場所でなければ後で大変な目に遭ってしまいます。

重機を必要としない業種であれば選択肢は広がり、単価も下がりますので、どのような業種でベトナムに進出するのかは場所の選定に大きな影響を与えることになります。

工場の賃貸は、どのくらいか

日系の工場は高いですか

国営工場に比べて日系工場の方が高いです。

  • 日系のレンタル工場は、4~6US$/㎡
  • 国営のレンタル工場は、3~4US$/㎡

日系のレンタル工場は管理棟に日本人が常駐しているため、トラブルが起きた際には適格に対応してくれるメリットがあります。
安全面が整っていることを考えれば、費用としては高くないと思います。

また、工場で働くスタッフの採用や労務に関することもサポートしてくれるので安心です。

工場から住居までのアクセス

ベトナムは都市部のみ住環境が整ってる状況のため、駐在員は都市部に住むことになります。

一般的には1時間程離れた工場まで自力で通勤しますが、都市部ではスタッフをバスに乗せて工場に向かうケースも散見されます。
通勤に1時間以上かかる場合は、工場から30分以内の地方都市に家を借ります。

休日はホーチミンやハノイなどの都市部で家族と暮らすという方もいます。

キリンエンジニアリング×アセアン・フォーカス

お客様の視点で『食品・医薬工場の建設』をサポートいたします。

“食や医薬”に対する“安心・安全”の意識は年々高まっております。
食品・医薬品メーカーに対しては、法令の遵守はもちろんのこと、衛生面や製造プロセスの管理体制などが厳しく問われています。
また一方で、多様な消費者のニーズに迅速に応えていくことも求められており、食品・医薬工場を建設する際には様々な角度から検討を進めていく必要があります。

工場建設は今後の会社の命運を握るといっても過言ではないプロジェクトです。
非常に大きな投資のため、工場を建設した後には簡単にやり直しも効きません。

まずは現状を把握し、課題を抽出したうえで目標を設定する必要があります。

ビーパン・テクノパーク工業団地

ビーパン・テクノパークにあるヒェップフォック工業団地は、1996年より開発が始まり、2000haの面積を有するホーチミン市で最も大きな工場です。
既に第一期として311haの開発が完了し、
日本を含む11カ国約100社が進出しています。

土地
地盤圧縮係数k=0.85の土地に国家規格から更に+1.8mの高さに造成しているので、洪水による浸水の心配がありません。
 
電力システム
十分なキャパシティーを備えた工場内の2つの電力供給会社から675MWの電力を供給しています。
 
セキュリティ
24時間の警備パトロールによるセキュリティ・火災予防と迅速な消火体制を完備しています。
 
上水システム
2つの水道供給会社より、生活用水の国家規格をクリアした清潔な水を一日当たり40,000~50,000m3を供給しています。
 
排水処理システム
中央汚水処理施設には、一日当り6,000m3の処理能力を持つ2つの設備があり、処理廃水の水質は安定しており、工場廃水の国家規格をクリアしています。
 
その他の設備
病院、スーパーマーケット、レストラン、銀行、交流センター、スポーツ施設、1,100人の従業員寮を完備しています。
好立地な条件の工場
  • 大型国際港まで1㎞
  • ホーチミン市街まで15㎞
  • 通勤に便利
  • 国際空港まで21㎞

ロンハウ工業団地

ロンハウ工業団地は、10年間に渡り、建設及び開拓事業への投資や管理システムの改善、各活動の発展に注力し、各企業の持続的発展のためのパートナーとなりました。

無料相談

ベトナム進出.comをご覧いただき、ありがとうございます。
お問合せやご相談は、お電話またはメールにてお待ちしております。

東京
03-6809-1447
大阪
06-6535-8828
よくあるご質問
  • ベトナム進出のメリットとデメリットを詳しく教えてください
  • どのように現地法人や駐在員事務所を設立すればよいですか?
  • 工場を紹介して貰えますか?
  • 会計制度と会計実務を教えてください
  • 税金の仕組みを教えてください

営業時間 平日9:00~18:00

東京
03-6809-1447
大阪
06-6535-8828

メールでのお問合せは、
24時間受け付けております。

無料セミナー

中小企業の
ベトナム進出セミナー

日系企業の進出が著しいベトナム!
中小企業には本当に魅力的な国?
とあるメディアの情報では中小企業が進出したい国として、ベトナム国は第1位となっているようです。
その理由とは?

外国人採用セミナー

少子高齢化、生産年齢人口の減少に歯止めがかからない日本。
国内の有効求人倍率が上昇している現在、従来と同じ手法で本当に優秀な人材を採用できるのでしょうか?
従来とは少し異なる視点で新卒を採用することで、優秀な人材を採用することが可能です。

海外進出

中国ビジネス進出

中国の現地法人設立や許認可取得、香港中間法人、中国国内の組織再編など年間200件以上の実績

香港進出サポート

香港法人の年間維持経費も安く抑えることができる!
安心な報酬プランでご支援

飲食店のアメリカ進出

アメリカ進出セミナーを毎月開催!
アメリカの飲食業界に精通したコンサルタントがご支援

毎月開催ガルベラセミナー

経営者が知って得する!
税務・労務・法務・海外進出の情報を毎月お伝えします。