ベトナムでのオフショア開発・BPO委託

ベトナムに進出を検討する中小企業が増加する中、システム開発やソフトウェアの開発拠点としてベトナムに進出している企業も数多くあります。通商オフショア開発と呼ばれる形態です。ベトナムには理系の大学が数多くあり、優秀なエンジニアを日本の給料よりも安く雇用できるメリットがあります。日本のエンジニアは2030年には40万人~80万人規模になると予測されておりエンジニア不足が深刻な問題となっております。現在もベトナム各地にオフショア開発の拠点として日系企業が進出しており、ハノイ、ホーチミンをはじめ最近ではベトナム第三の都市、ダナンといった地域まで進出先が広がっておりこの流れはまだまだ続くものと思われます。またオフショア開発のみならず、日本の行っている各種のルーチン(定例)業務をベトナムへ移管し作業をさせるBPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)の委託も大きな流れであります。日本で行われている単純な入力業務や定例作業、またはCADによる図面の作成等もベトナムへ移管し、継続的な人手不足の解消や作業コストの削減を行ている中小の日系企業もあります。

弊社はベトナムの進出先の調査や視察、アテンドを行い、どこの地域に進出した方が一番ベストなのかをお客様と一緒に考え、またスタートアップとしては自社独自での進出だけでなく、オフショア・BPOの委託先のご紹介を行ったりし、貴社への最適な提案と最新情報をご提供いたします。

オフショア開発・BPO委託のメリット・デメリット

ベトナムのオフショア開発・BPO事業の最大のメリットは人件費です。地域によっては日本のエンジニアの給料の約1/3以下でエンジニアを雇用することが可能です。

デメリットはエンジニアの定着と育成です。経験のあるエンジニアはよりよい条件を求め転職をする傾向にあり、定着年数は日本に比べると短いのが現実です。また経験者の給料は上昇傾向にあり、コストを考え大学卒業者のエンジニアの採用を日系企業は進めていますが、エンジニアとして、社会人としての育成は各社課題となっており、いろんな工夫と制度、仕組み、組織を導入しベトナム人エンジニアの育成に努めております。

オフショア開発・BPO委託の進出地域
オフィス内のカフェ
ワールドフュージョンベトナム社
ハノイ市内

ベトナムでは日系企業の人気があります。理由としては待遇、条件や福利厚生、社会保険などがしっかりとしているというイメージがあり、他の外資系企業に比べて採用はしやすい傾向にありますが、日系企業同士の採用競争によりエンジニアの給料が高騰している側面もあります。

進出地域としては、ハノイやホーチミンが中心ですが給料があがりすぎているとの懸念から最近はダナンにも日系のIT系の会社の進出が目立っております。ダナン市は日系企業の進出に力をいれており、ダナンITパークといった施設を完備しIT企業を積極的に誘致しており、また日本からの直行便も飛んでおり、今後ますます注目を浴びるてくるベトナムの進出地域になると思われます。

オフショア開発・BPO進出の選択肢
  • 自社単独で進出(日本本社の100%子会社として)
    他の業種よりも比較的スムーズに法人設立が可能です。
     
  • オフショア開発・BPO業務の委託(ベトナムローカル企業)
    ベトナムのローカル企業にも多くのIT関連の会社があり、日系企業向けの開発サポートを行っているベトナムローカル企業も多くあります。企業によっては日本語での対応も可能です。
     
  • オフショア開発・BPO業務の委託(日系の開発会社へアウトソーシング)
    日系企業によるオフショア開発・BPO受託を行っている会社もベトナムには多く存在しています。その代表的な形態として、”ラボ型開発”よばれている仕組みで、顧客のリクエストにあわせ、人材の採用を自社で行うことなく開発に着手することができ発注企業側としては多くのメリットを享受できます。

    スタートアップ時にはレンタルオフィスなどを活用したり、中心地から離れた郊外のオフィスを活用することで初期投資や運営コストを抑えることができます。また条件などによってはIT優遇税制など活用することも可能です。
     

当社には日本語しかできる人材がいませんが、ベトナムへ進出することは可能ですか?

中小の日系企業の中には日本語を社内の共通言語にしている会社もあり、日本語のみで進出してい企業は数多くあります。

オフショア開発やBPO事業では”ブリッジエンジニア”と言われる日本とベトナムを繋ぐ日本語が堪能なエンジニアの存在が欠かせません。また日本側で勤務していたベトナム人が現地の責任者やマネージャーとして開発をマネジメントしている企業も多くあります。

エンジニア全員が日本語を話せる必要はなく、日本とのブリッジ役(橋渡し)になる人材に日本語が堪能な人材や日本での勤務や留学経験者を採用しているケースがほとんどで、その為日本語だけで現地のマネジメントを行うことは可能です。

一方、日本には約20万人の在日ベトナム人がおり、留学生も年々増加している為日本側でベトナム人エンジニアを採用しベトナムとの窓口にしている会社も増えております。

ベトナムのオフィス家賃、賃料はどれくらですか?

ホーチミン、ハノイの中心地のオフィス賃料は上昇しております。

  • ホーチミン中心地 11US$~/㎡(ビルのクラスにより価格は変わります)
  • ハノイ郊外    10US$~/㎡(ビルのクラスにより価格は変わります)

日系のレンタル工場は管理棟に日本人が常駐しているため、トラブルが起きた際には適格に対応してくれるメリットがあります。
安全面が整っていることを考えれば、費用としては高くないと思います。

また、工場で働くスタッフの採用や労務に関することもサポートしてくれるので安心です。

オフィス・事務所の一棟借りはお得?

ベトナムでは事務所・オフィスの一棟借りをするケースは珍しくありません。大抵、3階以上の物件でありほとんどは郊外にあり1階はバイク置き場にしたり、倉庫として物を保管し、2階以上の各フロアを執務室(事務所、開発拠点)にしてたりしています。市内の中心地では賃料があがってきており、毎年ビル側(大家)から家賃の値上げの連絡があるのが今のオフィス不動産の傾向です。

ベトナム人はイベントが大好きです。機会があればパーティーや食事会、飲み会などのイベントを行う為、そこで便利なのが一棟借りしているオフィスです。オフィスの中でiイベントや飲食ができ、オフィスの中で騒ぐことがあっても大きな問題にはなりません。このイベントなどはベトナムで社員を定着させる秘訣でもあります。

システムスクエア株式会社
WorldFusion VIETNAM Co.,Ltd 
 ワールドフュージョンベトナム)社と業務提携

日系企業の品質と日本語のサポートでお客様をトータルにサポートいたします。

オフショア開発では安価な人権費により、大幅な開発コストの削減・利益の拡大が期待出来ます。   
またエンジニアのスキルは国内と変わらないため、高品質を維持することが可能です。オフショア開発に向けた、当初のお打ち合わせから提案・見積・ご契約・プロジェクト管理・納品検収に至るまで、お客様との総合窓口として一貫したサービスを提供いたします。

また、ベトナム現地法人に対する送金手続きなども担当しますので、お客様のお手間を省き、お客様にはシステム開発に専念していただけます。システム開発だけでなく、運用保守管理やヘルプデスク・コールセンター業務等もアウトソースすることで低コストでの開発が実現出来ます。

ワールドフュージョンベトナム

ベトナムへの進出は多くの投資を要し、またベトナム人の特性やエンジニアのレベルもわからないままベトナムへ進出するのはリスクが伴います。その様な企業にはスモールスタートとして日系のIT企業やオフショア開発会社へ委託をするとところから初めてみるのもひとつです。システムスクウェア社のベトナム法人、ワールドフュージョンベトナムは日本人が常駐しており、貴社の要望やリクエストを日本語で対応致します。また日本側の担当者も含め日本とベトナムの双方で貴社のシステム開発やソフトウェア開発をサポート致します。

当社の6つのベトナム進出支援実績・特徴

当社の主な6つの実績・特徴について詳しくご紹介いたします。

市場調査
現地視察

市場調査はもちろん、貴社の要望に応じたベトナム視察をフルサポート致します。空港送迎、レンタカー手配、通訳者手配、日系企業のオフィス視察やアパートの内見等、ご希望をお聞かせください。

駐在事務所
現法設立

駐在事務所設立、現地法人設立、プロジェクトオフィスの設立、合弁先やパートナー企業探し、M&Aサポートや各種デューデリジェンスなど、貴社の要望に応じたベトナム進出形態を支援します。

人事・労務
就業規則作成

労働契約書の作成支援、就業規則の作成など、ベトナム労働法に沿ったアドバイスをしながらサポートいたします。また労務顧問として、ベトナム人との労働トラブルを事前に防止致します。

税務・会計
アドバイス

チーフアカウンタント人材の紹介をはじめベトナム税務・会計サポートを致します。また年次監査業務におきましては、弊社提携先監査法人をご紹介致します。

労働許可書
ビザの取得

招聘状の作成をはじめ、マルチビザ、一時滞在VISA(レジデンスカード)、労働許可書取(ワークパーミット)の取得代行サポートを行います。

営業代行
総務代行

日本からの営業代行をはじめ、ベトナムローカル企業などへの営業代行を行います。またコスト削減策として、各種総務代行もアレンジ致します。

ベトナム進出.comへの無料相談

ベトナム進出.comをご覧いただき、ありがとうございます。
お問合せやご相談は、お電話またはメールにてお待ちしております。

東京事務所
03-6809-1447
大阪事務所
06-6535-8828
福岡事務所
092-477-2025
よくあるご質問
  • ベトナム進出のメリットとデメリットを 詳しく教えてください
  • どのように現地法人や駐在員事務所を設立すればよいですか?
  • 工場を紹介して貰えますか?
  • 会計制度と会計実務を教えてください
  • 税金の仕組みを教えてください

営業時間 平日9:00~18:00

東京
03-6809-1447
大阪
06-6535-8828
福岡
092-477-2025

メールでのお問合せは、
24時間受け付けております。

無料セミナー

中小企業の
ベトナム進出セミナー

日系企業の進出が著しいベトナム!
中小企業には本当に魅力的な国?
とあるメディアの情報では中小企業が進出したい国として、ベトナム国は第1位となっているようです。
その理由とは?

外国人採用セミナー

少子高齢化、生産年齢人口の減少に歯止めがかからない日本。
国内の有効求人倍率が上昇している現在、従来と同じ手法で本当に優秀な人材を採用できるのでしょうか?
従来とは少し異なる視点で新卒を採用することで、優秀な人材を採用することが可能です。

海外赴任者の給与計算は国内での給与計算とは違います。
海外赴任者の為にも海外赴任規程を定め、準備をしましょう。

アクセス

東京事務所
03-6809-1447
住所

〒105-0001
東京都港区虎ノ門3-18-16-7F
日比谷線神谷町駅 徒歩1分

営業時間

9:00~18:00(土・日・祝除く)

メールでのお問合せは24時間受け付けております。
お気軽にご相談ください。