グループで年間200社以上の海外進出を支援する専門家集団!東南アジア、ベトナムへの進出はアセアン・フォーカスへ

ベトナム進出 成功するためのノウハウ

ベトナム進出.com

東京:東京都港区虎ノ門3-18-16 虎ノ門菅井ビル7階
ホーチミン:7F Sky View Building, 41A Nguyen Phi Khanh Street,
Tan Dinh ward, District 1, Ho Chi Minh City,Vietnam.
ハノイ:5F Eurowindow Multicomplex, 27 Tran Duy Hung Street,
Trung Hoa Ward, Cau Giay District, Hanoi,Vietnam.

東京事務所
03-6809-1447
大阪事務所
06-6535-8828

ベトナム進出 5つのメリット

ベトナム進出のメリットは5つあります。
メリットやデメリットを把握し、企業の成長に繋げましょう!

  • 1
    経済の高成長

ベトナムの最大のメリットは、経済の高成長だと考えられます。
中国経済の減速を受けた影響により、東南アジアの多くの国が経済の停滞に悩む一方でベトナムの経済だけは好調を維持しており、
安定的に成長しています。
ここ数年のベトナムの国内総生産(GDP)成長率は5~7%台を維持しています。

  • 2
    自由貿易化

ベトナムの2つめのメリットは、貿易がしやすい国という点です。
ベトナムはWTO加盟を果たしてから、貿易の自由化が進められています。
貿易の自由化を認められたことや日本とベトナムの間で経済連携協定を締結したことにより、日本からの投資が行いやすい環境に変化したことがメリットだと考えられます。

  • 3
    好立地

ベトナムの3つめのメリットは、東南アジアの中央に位置していることにより、中国及びASEAN諸国のアクセスに大変便利な点です。
この好立地な条件が中国とASEAN諸国にとって、重要な役割を果たしています。

  • 4
    豊富な資源

ベトナムの4つめのメリットは、天然資源の豊富さだと考えられます。

鉄鋼資源

ベトナムは石炭産業が主導して急成長しており、鉱物資源の埋蔵量が豊富です。
特に、近年の重点的な油田開発により、原油の埋蔵量及び生産量の推移は産油国であるインドネシアやマレーシアの水準に近づいています。

森林資源

森林が国土の40%以上を占めており、森林資源に恵まれています。
これらの森林資源は、製材品・紙・パルプとしての利用や木質燃料としてのエネルギー利用に使用されています。

水産資源

ベトナム国土の多くが南シナ海に面しているため、豊富な海産物及び養殖に適した条件が整っています。
最近では、養殖エビの輸出が伸びており、重要な外貨獲得の産業となっています。

水資源

ベトナムは熱帯雨林に位置していることから豊富な地下水源を有しています。
東南アジア最大のメコン川やホーチミン市を流れるドンナイ川など、多くの河川が流れていることもあり、ベトナムでは水力発電を重視しています。
そのことから、全体の発電量は水量発電が40%以上を占めています。

  • 5
    安価で質が高い労働力

ベトナムの5つめのメリットは、質が高い労働力です。
ベトナムは雇用コストや賃金が低いだけでなく、労働者の平均年齢が28歳と若いうえに優秀な方が多く存在します。
ベトナム人は勤勉・器用・素直であると言われています。
新しい知識を吸収し、仕事に活かすことが期待できます。


ベトナム進出 3つのデメリット

デメリットをメリットに変える要素も大切です。
一般的にデメリットだと感じられることも、場合によってはメリットになることも考えられます。

  • 1
    不十分なインフラ整備

ベトナムはインフラ整備が遅れていたり、整っていなかったりと環境問題がデメリットとしてあげられ、今後の課題と捉えられています。

  • 2
    不徹底な政策や法制

ベトナム全域にしっかりと政策や方針が行き届いていないケースが散見され、進出後に企業が振り回されてしまう可能性があるため、デメリットとして覚えておきましょう。

  • 3
    高い離職率

東南アジアの特徴でもあるように、現地スタッフの離職率が高いのがデメリットです。
しかし、そのような環境の中でも、マネジメントや多くの工夫を凝らした企業はベトナム人の特徴を理解し、相互理解を通じて企業経営を行っています。

進出後は言語の壁を乗り越え、コミュニケーションを取ることが大切です。
共有し合う関係が築ければ、デメリットはメリットに変わってきます。

ベトナム進出のメリット・デメリット

親日国のベトナム

ベトナムの親日国化が進み、日本の文化や言語が広く浸透したことで、多くの日系企業が様々なメリットを感じられるのではないでしょうか。
そして、ベトナム人の特徴を活かし、しっかりとしたマネジメントを行える企業は進出後に更なるメリットを得られることでしょう。

駐在員事務所の設立

現地法人の設立よりも比較的早く、安価に設立できることがメリットだと考えられます。

現地法人の設立

ベトナムは進出しやすい国であることがメリットだと考えられます。
企業のベトナム投資件数は450件を上回ります。

優秀なベトナム人の採用

外国人を採用することで得られるメリットは計り知れません。

企業側のメリット

親日国が進むベトナムは日本人や日系企業が感じられるメリットが多々あります。

ベトナム進出 お問合せ

ベトナム進出.comをご覧いただきまして、ありがとうございます。
お問合せやご相談は、お電話またはメールにて受け付けております。

東京事務所
03-6809-1447
大阪事務所
06-6535-8828
よくあるご質問
  • ベトナム進出のメリットを教えてください。
  • 進出時期を悩んでいます。アドバイスお願いします。
  • ベトナム進出時の注意点を教えてください。
  • 外国人採用とはどのようなことですか?
  • どこまでサポートしてくれるのですか?

【営業時間】9:00~18:00
【休業日】土日祝

東京事務所
03-6809-1447
大阪事務所
06-6535-8828

メールでのお問合せは、
24時間受け付けております。

無料セミナー

中小企業の
ベトナム進出セミナー

日系企業の進出が著しいベトナム!
中小企業には本当に魅力的な国?
とあるメディアの情報では中小企業が進出したい国として、ベトナム国は第1位となっているようです。
その理由とは?

外国人採用セミナー

少子高齢化、生産年齢人口の減少に歯止めがかからない日本。
国内の有効求人倍率が上昇している現在、従来と同じ手法で本当に優秀な人材を採用できるのでしょうか?
従来とは少し異なる視点で新卒を採用することで、優秀な人材を採用することが可能です。

海外進出

中国ビジネス進出

各都市での法人設立、会計、税務、労務をサポート

香港進出サポート

香港進出ビジネスサポートならガルベラ・パートナーズ香港へ!

飲食店のアメリカ進出

アメリカ進出セミナーを随時開催!アメリカの飲食業界に精通したコンサルタントがご支援いたします。