グループで年間200社以上の海外進出を支援する専門家集団!東南アジア、ベトナムへの進出はアセアン・フォーカスへ

ベトナム進出 成功するためのノウハウ

ベトナム進出.com

東京:東京都港区虎ノ門3-18-16 虎ノ門菅井ビル7階
ホーチミン:7F Sky View Building, 41A Nguyen Phi Khanh Street,
Tan Dinh ward, District 1, Ho Chi Minh City,Vietnam.
ハノイ:5F Eurowindow Multicomplex, 27 Tran Duy Hung Street,
Trung Hoa Ward, Cau Giay District, Hanoi,Vietnam.

東京事務所
03-6809-1447
大阪事務所
06-6535-8828

ベトナム進出 サポート事例のご紹介

ここでは、当社のお客様の事例をご紹介いたします。

自社のサービスや商品を提供・販売したいA社

ベトナムの経済成長・人口・ポテンシャルなどを踏まえ、ベトナム現地法人の設立の相談を受け、日本側で無料相談を行いました。
日系企業の進出状況やベトナムのマクロデータをもとに、自社のサービスや商品(プロダクト)をベトナムで提供・販売したいとのことでした。


当社は、現地法人の設立の種類やスキームなどをお伝えしました。
加えて、ベトナムでのビジネスの成功は、人材にあることをご説明いたしました。
ベトナム市場は、日本人の商慣習と異なる部分が多いため、特にローカルスタッフ(ベトナム人)の採用と育成が重要であり、多くの日系企業は(会社設立と同時)進出と同じタイミングでローカルスタッフを採用し、教育・育成をしていますが、そのほとんどが何度も頓挫しています。
その理由は、日本人とベトナム人の大きな考え方、商習慣の違いがありました。

ベトナムで現地法人や駐在員事務所を設立する際は、ある程度の時間が必要です。
各種ライセンスや投資許可・規制などの問題をクリアしましたら、ベトナムに拠点を作ることができますが、簡単ではありません。
ベトナム進出後で一番重要なのは、その後の運営(人材マネジメント)です。
マネジメントはビジネスにとって、一番重要で且つ難しいポイントと言えます。

当社は、以下のポイントを踏まえて、事前のコンサルティングとソリューションをご提供いたします。

  • 1
    ローカル人材
  • 2
    採用・育成・教育
  • 3
    タイミングと時期

ベトナムは、外資系企業の誘致に積極的です。
特に政治的な友好関係の背景もあり、進出は比較的容易にできます。
しかし、「出るは易し、行うは難し」がベトナムの本質です。

ベトナムの進出形態についてご相談いただいたB社

ベトナム進出と言いましても、日系企業が選択できるものは、集約されてきます。

具体的な事業計画や商流・ビジネススキーム・戦略が決まっていなければ、リスクを最小限にした慎重な選択をしてもらうようにご提案いたします。

メディアや表面的な情報だけをみると、ベトナムは魅力的な市場や国に見えますが、実際のところは不明慮な点(法規制・解釈)がまだまだ多く残っているのが現状です。


メディアの情報だけをうのみにせず、現地視察やアテンドのサポートを行いましょう。

実際にお客様へ現地に赴いてもらい、リアルな声や情報を入手してもらいます。
現地で感じたことなどを進出の判断材料とし、計画を進めていきます。

視察先は、日系企業のみならず、自社がイメージしている販売先・競合先・工場(レンタル工場含む)エリアなどを含め、ローカル企業などにもアポイントを取得し、接見の場を持つことが可能です。

  • 1
    リスクの最小限化(撤退の判断基準など)
  • 2
    情報収集(現地視察)
  • 3
    日系企業とローカルのバランスの取れた訪問・視察・情報収集
  • 4
    当社事務所の活用と各種手配(サポート)

日系企業の情報は、現地の商工会(ハノイ・ホーチミン・ダナン)で可能ですが、ローカルの情報を収集する場合は、自身が意図的に動かなければ、入手することができません。

現地視察の目的はメディアやインターネットの情報のみならず、ローカル情報を収集すること、メディアの情報とのギャップを認識し、進出の判断基準にすることが重要です。
視察の結果、ベトナム進出を一度再検討する企業様も多くいらっしゃいます。

その際は、当社事務所の出張者用デスクをご利用いただきます。
現地での移動(タクシー)、携帯電話、ホテル、レストランの手配なども一括し、当社でサポートいたします。

サポート事例

:オフショア(アウトソーシング先)からベトナム現地法人設立コンサルティング:

海外赴任規程、就業規則・報酬制度の作成、ベトナム税務申告・労務(給与計算)・総務サポート

サポート事例

:外国人人材採用の為の留学生支援:ベトナムにおける留学生採用セミナーの企画、運営)

サポート事例

:ベトナム現地法人代表の人材リサーチ(ヘッドハンティング):

現地法人の立て直しの為、現地でのマネジメント経験者(社長)を紹介

サポート事例

:人材不足解消にむけた、ベトナム人採用支援及びベトナムの大学との提携コンサルティング:現地駐在事務所設立コンサルティング、労務運営

サポート事例

:工場移転コンサルティング及び代表者変更手続き社内と従業員満足度調査、駐在員のガバナンス検証:覆面アンケート、サーベイの実施

サポート事例

:技能実習生のベトナム帰国後の育成、教育プロジェクト:現地法人設立による実習生サポートコンサルティング

ベトナム進出 日系企業 トラブル事例

安易な名義借りでの会社設立、進出

日本とベトナムは、政治的や経済的な友好な関係を背景に人的な交流が盛んです。

日本在留ベトナム人も18万人に迫る勢いで、ベトナム国においても日系企業の進出は止まらない状況です。

その様な背景もあり、日系企業の進出も様々な形態で多くの業界、業種が進出していますが、特に注意したいのはベトナム人名義(Nominee)を借りた会社設立です。

日系企業のベトナム進出をするうえでライセンスの取得がありますが、外資100%での取得が難しいライセンスも未だに存在します。

それを安易に知り会ったばかりのベトナム人の名義で会社設立をするケースがあり、名義人とのトラブルや契約書内容の不備などでトラブルを抱える日系企業が後を絶ちません。

チーフアカウンタントの採用は慎重に

ベトナムの税務署への対応はと事業を行っていくうえでとても重要になります。

しかし、日本からの駐在員の方で税務や会計、財務といった専門知識を持ちあわせている方が駐在や赴任をされることはごくごく少数なのが現状です。

また、ベトナムではチーフアカウンタント制度(経理長)がありますが、チーフアカウンタントによるトラブルも増えているのが現状です。

進出3年後でもベトナム国はアウェイ

日経企業が進出し、しばらくするとどこかに隙が出てきます。

ローカルスタッフとの良好な関係が構築できますと、日本人の良い点ではありますがついつい人を信用をしてしまいます。
信用や信頼はビジネスの基本ではありますが、100%の信頼をするのは危険です。

トラブルの相談を受ける際、皆口をそろえて「信頼していたのに、面倒を見てやってたのに」などの言葉を伺います。
信頼という見えない関係を築くために日々努力をするのと併せて、何がおきても想定できる対処法やリスクをヘッジを考えておくとこがとても重要です。

立上げ後3年の間は事業を軌道に乗せることに邁進しがちですが、同時に必要なのは日系企業のリスク管理を整えることです。

ベトナム進出 お問合せ

ベトナム進出.comをご覧いただきまして、ありがとうございます。
お問合せやご相談は、お電話またはメールにて受け付けております。

東京事務所
03-6809-1447
大阪事務所
06-6535-8828
よくあるご質問
  • ベトナム進出のメリットを教えてください。
  • 進出時期を悩んでいます。アドバイスお願いします。
  • ベトナム進出時の注意点を教えてください。
  • 外国人採用とはどのようなことですか?
  • どこまでサポートしてくれるのですか?

【営業時間】9:00~18:00
【休業日】土日祝

東京事務所
03-6809-1447
大阪事務所
06-6535-8828

メールでのお問合せは、
24時間受け付けております。

無料セミナー

中小企業の
ベトナム進出セミナー

日系企業の進出が著しいベトナム!
中小企業には本当に魅力的な国?
とあるメディアの情報では中小企業が進出したい国として、ベトナム国は第1位となっているようです。
その理由とは?

外国人採用セミナー

少子高齢化、生産年齢人口の減少に歯止めがかからない日本。
国内の有効求人倍率が上昇している現在、従来と同じ手法で本当に優秀な人材を採用できるのでしょうか?
従来とは少し異なる視点で新卒を採用することで、優秀な人材を採用することが可能です。

海外進出

中国ビジネス進出

各都市での法人設立、会計、税務、労務をサポート

香港進出サポート

香港進出ビジネスサポートならガルベラ・パートナーズ香港へ!

飲食店のアメリカ進出

アメリカ進出セミナーを随時開催!アメリカの飲食業界に精通したコンサルタントがご支援いたします。