市場調査・視察ツアー・営業代行

ベトナムに進出する前に貴社の市場調査や業界調査の目的で必ず現地に足を運び、自らの目で市場・人材・不動産物件(オフィス賃料)情報収集をおすすめします。

市場調査や視察を通して、インターネットでは得られないリアルな情報を得ることができ、貴社のベトナム進出の判断可否を可能にします。

市場調査・視察を行うべき理由

事前調査でベトナム進出の可能性を確認

実際に責任者が現地に足を運び、市場を調査することで現地の不動産業者や会計事務所、法律事務所などを自分の目で確認することができ、現地での可能性が見えてきます。

弊社は、市場調査や業界調査のレポート作成を大手調査機関からもご依頼を受けている関係で様々なノウハウを有していますので、安心してお任せください。

許認可の規制(ベトナム投資規制分野)を確認

ベトナムは許認可の規制が厳しくなっており、会社設立に着手したものの、中々許認可が下りないといった場合も見受けられます。

貴社に合った進出方法は何なのか、市場調査のデータをもとに日系企業の進出手法、メリットやデメリットをご説明いたします。

独自でベトナムの市場調査をする方法

市場調査は独自で行うか、調査会社に依頼するのかによって調査作業にかかる時間や費用に差があります。

ベトナム進出や新規事業の立ち上げを行う際に入念な市場調査や視察を考えているけれども、調査費用を多く費やすことができない場合は、独自で調査や視察を行うことで調査費用を節約することができます。

但し、調査費用を節約できる反面、調査工程に膨大な時間や人的リソースを割かなくてはいけません。

独自で市場調査や視察を行う場合は、このような調査工程を経て進めていくことになります。

市場調査の流れ
  1. 調査目的の明確化
  2. 調査計画、訪問先の作成
  3. 市場調査の実施
  4. 調査結果のとりまとめと分析
  5. 意思決定

調査目的の明確化から調査結果の計上まで全ての調査工程を専門家のサポートなしで行うことは会社によっては負担に感じてしまうかもしれません。

独自で市場調査や視察を行う場合は、調査費用や時間の節約ができますが、初めて行く国の場合、空気感や調査方法などが上手く掴めず調査期間の延長などに繋がり、結果としてコストが高くついてしまうリスクもあります。


弊社を市場調査・視察の拠点に

市場調査や視察を行う場合、弊社にお問合せいただければ、市場調査や視察時の拠点になるオフィスや必要な備品をご用意いたします。

また、ベトナム進出におけるメリットやデメリット、成功や失敗事例などをお伝えし、貴社のベトナム進出を成功に導きます。

市場調査・視察時のサポート費用
  1. デスク貸し(150$~/1名)
  2. 携帯電話の代理契約・支払い代行
  3. タクシーカード代理契約・支払い代行
  4. 人材紹介会社紹介(面接同席)
  5. スタッフ管理(月200$~)
  6. 総務代行

ベトナムでの営業代行のご案内

ベトナムでの営業代行、顧客へのアプローチをお引き受けいたします。

ベトナム人は日本人と異なり、仕事に対する考え方が大きくことなります。また自社スタッフの教育には時間と工数がかかり、一人前になる前に、離職したり、退職したりすることも多く、ベトナムに進出する企業の多くの悩みはベトナム人の人材育成、教育、管理と言われています。特に日系の中小企業におかれましては、複数人の駐在員を配置することもできない為、日本人駐在員にかかる負荷は日本でのそれと比較にならないことがほとんです。特に、ベトナム市場において営業活動をする為には営業スタッフの雇用と育成が必要になりますが、ベトナム国においては営業の概念が希薄な為、それらをすべて自前で行うことはとても難しく、自社での営業部門を抱えることはとても大変なことです。そのような背景から営業の商慣習や日系企業とのお取引を熟知した当社にて貴社の営業代行サービスを活用している企業が増えてきています。

ベトナム人の営業スタッフの採用、育成でお困りの日系企業様や、駐在事務所の固定費の削減、ファーストアプローチ、アポイントの取得代行、見込み客リストの作成などや、進出前のプレ営業といった活用までベトナムでの営業代行のニースは高く、日系企業の活用の仕方は様々です。

御社の事業モデル、ターゲットの選定

要望に沿ったご提案

ベトナムでの貴社事業や顧客選定、マーケット等を伺い、当社、及びベトナム在住の日本人パートナーと打ち合わせをさせて頂き、お客様のご要望にそった営業代行、顧客開拓をご提案致します。

1日からの短期間でも可能

短期間、スポットもOK

予算や費用に応じた営業代行を企画、実行致します。まずはローコストで試してみたいというニースにも対応し、ベトナムに活動、営業拠点がない会社、日本からのニースにも対応致します。

ホーチミン、ハノイでの対応も可能

複数拠点の対応も可能

ホーチミン、ハノイ、などの複数拠点の営業代行や顧客開拓が可能です。ホーチミン、ハノイでは文化もベトナム人の気質、性格、考え方も異なります。その違いを踏まえ営業代行の業務をご提案致します。

ベトナム進出を検討しているけど

ベトナム進出前に見込み客

ベトナム進出を検討しているが、本当に顧客を開拓できるのか?そのような時、営業代行を活用し手ごたえ、感触をつかんでもらえます。また駐在事務所を作った後、固定費の削減にも営業代行を活用することができます。

ベトナム視察ツアーのご案内

お客様のご要望や日程に合わせて、市場調査・視察ツアーを実施しています。

弊社の現地法人と日本法人の双方のスタッフが市場調査や視察をサポートいたしますので、安心して弊社の視察ツアーにご参加ください。

こだわった市場調査が可能

フルオーダーメイド視察

店舗視察、工場視察、企業視察、現地企業とのアポイント、ベトナム在住の日本人との情報交換などをお客様のご要望にそって組み合わせることができます。

少数だからこそじっくり市場調査

少数人数でも視察OK

1名様の場合でも、ご要望やご希望の日程に合わせて視察プランをアレンジいたします。

一度で複数の市場調査が可能

複数拠点の視察も対応

ホーチミン、ハノイ、ダナンなどの複数拠点の視察プランもご対応できます。

やっぱりもう一度市場調査がしたい

帰国後の再調査もOK

帰国後に期間を改めて再度調査したい場合は、再市場調査プランをご案内いたします。

ベトナム進出前の視察ツアー事例

  3泊4日視察プラン 一例
1日目 ・ホテルチェックイン(午後)
・フリータイム
・夕食
2日目

・日系企業を数社視察
・日系の工場を数箇所視察

・ランチ
・現地の
人材会社を視察
・現地の
不動産会社を視察
夕食

3日目

・ベトナムローカル企業を数社視察
ランチ
・大手
ショッピングモールを数店舗視察
・日系企業経営者との面談
(※業界の希望を伺います)
夕食

4日目
(帰国)

ベトナムの最新情報をご説明
会計・税務・労務などをご説明
・フリータイム

業界や業種に精通した通訳も含めた視察プランをアレンジいたします。

視察に伴う、航空券やホテルの予約、交通手段などの調整もすべて弊社で手配いたします。
※航空券、宿泊ホテル、交通手段の費用は領収書に基づいた実費になります。

ベトナム視察ツアーご契約までの流れ
  1. お問合せ
  2. お打ち合わせ(ヒアリング)
  3. 視察プランのご提示・お見積り
  4. 承認(合意)
  5. ご請求・お振込み
  6. 視察ツアーご出発

注目のベトナム第三の都市ダナンのご案内

ベトナム ダナンの特徴・魅力

優秀な人材と低賃金

市街から10分でベトナム随一の
リゾートビーチ、観光業が盛ん

ベトナム進出で注目を浴びているのが、ベトナム第三の都市ダナンです。観光業やIT関連業が盛んで特にホスピタリティを有したベトナム人が多く、ハノイ、ホーチミンに比べると人件費も安いです。近年は日系企業も数多く進出しており、ダナン日本商工会の会員数も日に日に増しております。

日系企業誘致に積極的

人口140万 日系企業が
進出先として注目しているダナン

2017年にはAPEC(アジア太平洋経済協力)の首脳会議開催地になり、外資企業の誘致に積極的なベトナムダナン市。海外、ビーチ沿いにはホテルや多くのリゾート施設が急速に開発されており、ダナン中心部にはITハイテクパークが存在し、ダナン市郊外にも工業団地があり、日系企業の進出先として注目を浴びております。

ITをはじめ様々な日系企業が注目

日本からの直行便も飛び経済成長が著しいベトナムダナン

日系企業のベトナムの進出都市としてハノイ、ホーチミンが中心ではありますが、日系企業の進出と共に人件費の高騰が懸念されており、特にIT系人材の人件費の高騰は日系企業の悩みの種です。そこで注目されているのがダナンです。ダナン周辺には理系の大学もあり、IT業界をはじめ、真面目でホスピタリティが豊富なダナンのベトナム人に注目した教育関連、飲食、サービス業進出が顕著になっております。

当社の6つのベトナム進出支援実績・特徴

当社の主な6つの実績・特徴について詳しくご紹介いたします。

市場調査
現地視察

市場調査はもちろん、貴社の要望に応じたベトナム視察をフルサポート致します。空港送迎、レンタカー手配、通訳者手配、日系企業のオフィス視察やアパートの内見等、ご希望をお聞かせください。

駐在事務所
現法設立

駐在事務所設立、現地法人設立、プロジェクトオフィスの設立、合弁先やパートナー企業探し、M&Aサポートや各種デューデリジェンスなど、貴社の要望に応じたベトナム進出形態を支援します。

人事・労務
就業規則作成

労働契約書の作成支援、就業規則の作成など、ベトナム労働法に沿ったアドバイスをしながらサポートいたします。また労務顧問として、ベトナム人との労働トラブルを事前に防止致します。

税務・会計
アドバイス

チーフアカウンタント人材の紹介をはじめベトナム税務・会計サポートを致します。また年次監査業務におきましては、弊社提携先監査法人をご紹介致します。

労働許可書
ビザの取得

招聘状の作成をはじめ、マルチビザ、一時滞在VISA(レジデンスカード)、労働許可書取(ワークパーミット)の取得代行サポートを行います。

営業代行
総務代行

日本からの営業代行をはじめ、ベトナムローカル企業などへの営業代行を行います。またコスト削減策として、各種総務代行もアレンジ致します。

ベトナム進出.comへの無料相談

ベトナム進出.comをご覧いただき、ありがとうございます。
お問合せやご相談は、お電話またはメールにてお待ちしております。

東京事務所
03-6809-1447
大阪事務所
06-6535-8828
福岡事務所
092-477-2025
よくあるご質問
  • ベトナム進出のメリットとデメリットを 詳しく教えてください
  • どのように現地法人や駐在員事務所を設立すればよいですか?
  • 工場を紹介して貰えますか?
  • 会計制度と会計実務を教えてください
  • 税金の仕組みを教えてください

営業時間 平日9:00~18:00

東京
03-6809-1447
大阪
06-6535-8828
福岡
092-477-2025

メールでのお問合せは、
24時間受け付けております。

無料セミナー

中小企業の
ベトナム進出セミナー

日系企業の進出が著しいベトナム!
中小企業には本当に魅力的な国?
とあるメディアの情報では中小企業が進出したい国として、ベトナム国は第1位となっているようです。
その理由とは?

外国人採用セミナー

少子高齢化、生産年齢人口の減少に歯止めがかからない日本。
国内の有効求人倍率が上昇している現在、従来と同じ手法で本当に優秀な人材を採用できるのでしょうか?
従来とは少し異なる視点で新卒を採用することで、優秀な人材を採用することが可能です。

海外赴任者の給与計算は国内での給与計算とは違います。
海外赴任者の為にも海外赴任規程を定め、準備をしましょう。

アクセス

東京事務所
03-6809-1447
住所

〒105-0001
東京都港区虎ノ門3-18-16-7F
日比谷線神谷町駅 徒歩1分

営業時間

9:00~18:00(土・日・祝除く)

メールでのお問合せは24時間受け付けております。
お気軽にご相談ください。